赤ちゃん(子供)が早起きしたり夜中起きちゃう原因はパパ(ママ)のイビキかも?

今日は反省も踏まえて朝早く起きる子供の話をします。
反省、と言ったので薄々わかるかと思いますが、カプラのイビキせいで子供が早起きしていたというオチです。

もし子供が早く起きてしまって困る、という人は参考程度に見てください。

なぜか朝5時に起きる赤ちゃん

このブログを見ているのは多分小さいお子さんがいる家庭が多いかと思いますが、みなさまのお子様、朝何時頃に目を覚ましますか?
7時とか8時まで寝てくれるお子さんがいるうちはとても幸せだと思いますが、うちは5時でした…。(涙)

まだ1歳にもなっていないのに、なぜか5時に起きる長男。

しかし、今でこそ6時半くらいまで寝る長女ですが、小さいころは長男のように5時に起きてました。
そして抱っこヒモをして外に散歩に行くとまた眠ってしまうので、布団に戻し長女はそのまま2度寝に入ります。

長男も散歩に連れて行こうかなと思ったのですが、長女でそれをやってしまってから朝の散歩を楽しみして起きるようになってしまった気がしたので、長男はそれをやめています。

そのため長男は再度抱っこして眠らせます。しかし、さっきまで寝てたこともあるので、

(どうせ眠れないよなぁ…もう起きてテレビでも見てようかなぁ…)

と諦め半分で抱っこします。しかし、長男はすぐにすっと寝てしまいました。

(あれ?さっき自分で起きたのに、なんでそんな簡単にな寝るんだ…。だったら最初から寝てくれればいいのに…)

と当時よく考えていたものです。しかしある時ふと頭に浮かんだことがあります。

(もしかして俺のいびきで起きてるのか…?)

いびきの血筋

うちの父親はすごいいびきをかく人でした…。
そんな父親と小学校の高学年くらいまでは同じ部屋で寝ていたのですが、よく寝てられたなと思うほどです。

そしてカプラが家を出て、母親もいびきをかくようになったらしく、たまに遊びにくると夜は父親、朝方は母親のいびきが自分の部屋まで聞こえてくることがあります。
父親によると、母の場合は歯ぎしりもすごいらしく…(以下自粛)

そんな親の血を引くカプラ。もしかしたらすごいいびきをかいていて、それで子供が起きてしまっているのか?と思ったのです
もしそうだったらかわいそうなことをしていると思い、ネットでいびきをかかない方法をいろいろと調べて見ました。

いびきの原因は鼻中隔湾曲症?

大体は以下のどれかに該当すると思われます。

いびきの原因として考えられるもの
  1. 肥満により呼吸がしづらい
  2. 鼻呼吸がしづらい
  3. お酒の飲み過ぎ

体系は割とスリム(ブログじゃ見えないけど)で、アルコールも飲んでません(本当は飲みたいんですが、いびきに繋がりそうなので自粛中)
そのため、カプラの場合は「鼻呼吸がしづらい」というのが該当します。

カプラは鼻が片方常に詰まっている状態で、右が通ったかと思えば左が詰まる、その逆もあるというような状態です。
たまに両方が気持ちよく通る瞬間があるので、その時は空気が美味しいと感じたのですが、それは時間にして1分もないくらいです。

みんなそうだと思っていたんですが、カプラの方が少数派と知った時の衝撃はかなりのものでした…。

その時にいろいろネットで調べたところ、どうやら「鼻中隔湾曲症」というやつらしいです。
簡単にいうと、鼻の真ん中の壁の部分が曲がっていて鼻がつまるということのようです。これ自体はそう珍しいことじゃないみたいですね(少し安心)

しかし治すとすれば手術が必要になるそうです。手術と聞くと泊まらなければならないイメージがありましたが、最近は日帰りでの手術も可能だそうです。

ただ、その日帰り手術をした人のブログとかをたまに見るのですが、とてもじゃないけど手術後は一人で帰れず、家の人に病院の前まで迎えにきてもらわないといけないそうです。
なんせ鼻の中の壁をドリルで削るんですからね…(おそろしい)

しかもそこから何日間かは血の味がずっとまとわりついてくるとかなんとか。
やってみたい気持ちもありますが、小さい子供が二人いる状態なのでまだしばらくできそうにありません。

そうなると原因は解決できないので、いびきをなるべく小さくする方法をとるしかありません。

横向きで眠るとよい?

横を向いて寝たら呼吸が楽になるため、いびきの軽減になるそうです。

早速やってはみるのですが、その後3日間、全部朝5時おきでした…。つまり効果なし。
朝起きると仰向けになっているので寝てる間動いてしまうんでしょうね。特に最近暑くなってもきているので。

だからと言って諦めるわけにもいかず、いろいろとネットで探してみたり考えたりします。
そしてふと思いついたのが、

(口塞いで寝たらいいんじゃないの)

でした。

身近なもので口を塞いてみたら赤ちゃんが起きなくなった

実際カプラが口をふさぐために試したものです。
以下、レビューが続きます(おそらく需要0でしょうが)

ガムテープ

ガムテープは粘着力が強く、剥がすのがとても痛かった…。二度と使いません。

マスキングテープ

マスキングテープは長男におもちゃを作った時の余りですが、あまり粘着性が良くなく簡単に取れてしまいます。そして何故か剥いだ後一番ヒリヒリしました。

セロハンテープ

その二つを足して二で割ったのがセロハンテープですが、若干粘着力が弱く今ひとつな感じでした。

ということで結果発表です。快適さと実用性を考慮すると、以下のような順位になりました

1位:セロハンテープ
2位:マスキングテープ
3位:ガムテープ

…メーカーもまさか口に貼る人がいて、快適さと実用性に順位をつけ始めるとは想像してなかったでしょうし、そもそも口に貼るという用途がおかしいというのは重々承知しております。

しかし子供が起きる時間に変化があり、なんと6時半ごろまで寝ていました。つまり、起きていた原因はイビキの可能性が非常に高い…というか、ほぼそうなんでしょう…。

しかし、セロハンテープもイマイチなのでどうしようか悩んでいたのですが、こういう需要はあるだろうからとっくにそれようのものが市販されているのではないかと思い、ネットで検索するとやはりヒットしました。そこで、市販のものが果たしてセロハンテープよりもよいか試してみました。

使い心地がよかったもの

いくつか商品がありましたが、カプラのお勧めとしてはこちらのテープでした。

created by Rinker
ナイトミン
¥644 (2019/06/20 06:12:21時点 Amazon調べ-詳細)

購入してよかったので今日まで使い続けていますが、今のところ、長男は朝5時に起きることなく眠ってくれています。
そしてなにより接着面がジェルのようになっているからか、貼り心地が非常にいいんです。もちろん剥がす時もそんな痛くないし、ヒリヒリもしませんでした。

ちなみに、お湯で柔らかくして口にフィットするようにできるイビキ防止のマウスピースも売っていたので、そちらも買ってみたのですがカプラには合いませんでした(カプラは鼻がいい方なので、ビニールの匂いで気持ち悪くなってしまいました)

今は上で紹介した商品をほぼ毎日使っています。多少コストはかかりますが、もう少し大きくなったらいびきで起きることもなくなろうだろうし、それまでの辛抱だと思ってます。

原因がよくわからないけど赤ちゃんが起きる家庭は是非試してみて

カプラ家の赤ちゃんが早起きする問題の原因は親のいびきでした…。かわいそうなことをしていました。

もし奥さんが一緒の部屋で寝ていたらもっと早く原因がわかっていたかもしれませんが、子供が二人いて別々の部屋で寝ていたこともあり、なかなか原因にたどり着くまで時間がかかりました。
もし同じように赤ちゃんが何故か早起きしてしまう、夫と別の部屋で寝ているというママさんがいたら、是非試してみてください。
そこまで値段が高いものじゃないので、試しに一つだけ買って試すのはありかもしれません。

いつか一人部屋で寝る日を待とうと思います(奥さんが許すかどうかは別として)

今日はここまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です