ご飯食べない2歳児。原因はおやつ?それとも…(2歳5ヶ月長女編)

最近暑くなったせいもあるのかもしれませんが、うちの長女、困ったことに最近朝ご飯をあまり食べなくなってしまいました。

特に朝の忙しい時間帯、ゴミを出さないといけない、お弁当も作らないといけない、ご飯も食べなければいけない、長男にご飯もあげないといけない、などなど、いろいろとやることがあるので、できれば長女には自分でご飯を食べていて欲しいのですが、なかなかうまくいきませんね。

少し前まではプレートにご飯やおかずをいれておいたら自分でパクパクたべていたのですが、最近は親が食べさせないと食べなくなりました。

おそらく長男にご飯をあげているのを見てヤキモチを焼いているのではないかと想像できますが、じゃあどうすればいいのか?というところも、ろくに考えないまま今日に至ってしまいました。(朝の時間帯を過ぎると悩んでたのがすっと抜けてしまっていたのもありますが)

ということで、今日は朝ごはんを食べなくなってしまった長女問題についてです。最近考察ばかり続いているのですが、今日も考察です。

原因はおやつ?

うちの長女、コンビニでアンパンマンのグミを買ってあげ始めたあたりから、どんどんおやつへの執念が強くなってしまいました。

買ってあげなければいいのですが、一度わかってしまった美味しい味は簡単には忘れることができず、買うチャンスを虎視眈々と狙っています。
お出かけの時にコンビニに寄ろうものなら、駐車場に車を止めた瞬間、降ろせ降ろせと大騒ぎし、おやつコーナーを探し始めるようになってしまいました。

ちなみに保育園では甘いおやつは一切でないようで、おやつの時間にはおにぎりやパンなどが配られるそうです。
それらは完食しているそうなので、もう完全に家庭の問題ですね…。

しかし、朝起きていきなりおやつを食べ始めるのは果たしておやつが好きだから、という理由だけなのでしょうか?
保育園では食べれないから甘えているのでしょうか?

よくわからないのが、ご飯をたくさん食べる時も(たまに)ある、ということです。
食べたり食べなかったりするのならご飯が嫌いなわけではないはず。

ということは、ご飯を食べずにおやつを求めるのは他に何か原因があるのではないかと推測します。

他の家は悩んでないの?

しかしうちの家庭だけそうなっているのか?と考えるときっとそんなことはないはず。(なんとなくですが)

早速グーグル先生に聞いてみます。キーワードはこんなものでしょうか?

「二歳児 ご飯」

もうこの二つの単語を入れたら候補にどんなのが出てくるのかなんとなく想像はしていました…。

案の定

「二歳児 ご飯 食べない」
「二歳児 ご飯 自分で食べない」

などの候補がでてきました。

これはきっとかなり多くの家庭で同じことを悩んでいるんだなぁと納得しました。そう思ったら少し安心しました。
しかし安心してばかりもいられない。これらのリンク先に何か解決しそうな情報があるかググって見ます。

ネットの声

ざっと見て見ましたが、大体は「お腹が減っていない、まだ遊んでいたい」という気持ちがあるからではないか、という意見が目立ちました。
その対策としては気分を変えるために「食器を変える、子供の好きなものを出す、量を減らす、視覚的に楽しませるような盛り付けにする」などなど。

食器を変える、好きなものを出す、盛り付けを工夫する、はすでに実施済みでした。
盲点というか、唯一量を減らすというのは想像できていませんでした…。しかもあの忙しい朝の時間に楽にできる。

そこで、明日から少しプレートに乗せる量を減らして様子を見ようと思います。こちらも後々結果をアップします。

しかし、なんとなくですがこれでは解決しないように思えます。そこでいつものように長女の行動を振り返って考察してみたいと思います。

考察:長女は何を思っているのだろうか

じっくりと思い出してみます。普段カプラが長男と寝て長女はママと寝ています。そしてうちの奥さんはロングスリーパーなので大抵朝長女が先に起きてカプラを起こし、長男を起こし、一緒にリビングに行きます。
そして二人のオムツを替えながら長男のご飯をレンジで解凍し、長男のご飯の準備をします。

長男は喉が乾いたと泣くのでミルクをわたして飲んでもらっています。長女には麦茶を渡しますが、それ以外はほったらかしでした。なんかここが影響してそうな気がします。

そしてカプラと長女が食べるご飯も解凍し(カプラの家ではご飯を5合炊いてジップロックに小分けにして毎朝解凍しています)、冷蔵庫からほうれん草とベーコンなどの材料を取り出して目玉焼きと一緒にちゃちゃっと料理してしまいます。

この間長女、長男にはテレビを見せています。

そして準備完了。長女と長男を椅子に座らせ、カプラは長男にご飯をあげながら自分のご飯を食べています。

長女の前にはカプラと同じ食事が並んでいますが、毎朝あまり興味なさそうにしています。

ここまで書いていて気がつきました…。

ほっておきすぎたんですね。きっと…。

まだ甘えたい時期なのに、両親が仕事行かないといけないとか家事をしないといけないとか、そんなのわからないのに甘えられずにいて、でもそれを言えなくて食欲が出なかったのかもしれません。

一時期自分でパクパク食べ始めたので、もう親が特に何かしなくても自分で食べてくれるようになったんだ、と何もしなくなっちゃうことが多いように思いますが、そこから成長して、もっと親に甘えたいという気持ちになったんだと思います。きっと子供って一度出来たらそれ以降、ずっとできちゃうっていうように考えない方がいいんでしょう。正確に言うと、できるけどやりたくなくなる可能性がでてくる、という言い方になるでしょうか。

そういえば朝起きて長男にミルクをあげている時、寂しい顔をさせてしまっていた気がします。おまけに長男が長女のおもちゃをとりたがるように最近なってしまい、長男を叩く長女を怒ったこともありました。さらに抱っこしてほしいのに長男が泣いているとついつい長男を抱っこしてしまい、長女に我慢させていました。

もしかしたら、おやつばかり食べたがっていたのも甘くて美味しい味を感じることで安心感を得たかったからなのかもしれません…
(明日この記事見たら考えすぎだよって思いそうですが)

そうか、ごめんね

カプラなりの現段階の結論としては、寂しい思いをさせていたことで食欲が落ちていたのではないか、です。

明日からご飯の量を(少し)減らすパターンを使いつつ、明日の朝は起きてから食事までの間に長女が寂しい思いをしないようにして検証してみます。
こちらものちのち結果アップします。

今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です