教員と結婚してわかった忙しさと後悔するポイントについて

こんにちは。こちらの記事を見ていると言うことは少なからず教員と関係のある方でしょうか?

例えば、

  1. 教員をしている彼女(彼氏)と付き合っているけど相手が忙しすぎてすれ違い気味な方
  2. そろそろ結婚を考えているけど付き合ってる時からずっと忙しそうにしているから結婚生活が不安な方
  3. すでに後悔の渦中にいる方(私含む)

という方々が多いかもしれませんね。

では…

どうして教員が忙しいのか想像できるでしょうか?

また、

教員との結婚を後悔するという話を聞いたことがあるので不安がある方、どう後悔するのか想像できるでしょうか?

それらについて想像できるようになるべく具体的に紹介します。

ポイントは以下です。

  1. 時間外でも仕事をする前提になっている
  2. 毎日の授業準備と土曜授業
  3. テスト
  4. 問題を起こす生徒
  5. 部活の顧問
  6. 育児が加わるとストレスの吐口にされる

それでは一つずつ見ていきましょう。

時間外でも仕事をする前提になっている

忙しいポイント
勤務時間外でも仕事の依頼がある
後悔ポイント
土日も平日の帰宅後も仕事するので、一週間通しで家で仕事していることがある

奥さんは中学校の教員なので高校とか小学校とかはわかりません。また、忙しいと言われる5教科の英語の先生です。

授業以外でも仕事は多く、普通にブラックです。

うちの場合は育休明けで時短勤務をとっている影響もあるのですが、結構な頻度で学校に仕事しに行きます。時短なのに仕事量は減ってないからです。

MEMO
時短勤務で給料が減るにもかかわらず、仕事量は減らない

そのため、うちの奥さんは1年だけ時短を取って、翌年から通常勤務に戻しました。給料減って仕事減らないんだったら意味ないですもんね。

また、以前学校から教員一人一人にパソコンが配布されました。ITを活用しようという目的だと聞かされていましたが、蓋を開くとただ単純に家でも仕事できる状態にする意図が強いと思わざるを得ない状態でした。

家にいても、アレをして欲しい、コレをして欲しいとラインやらメールがしょっちゅう入ってきて、その度にパソコン開いてます。

特に、子供が小さい時はお世話や遊び相手をしないといけないのでパートナーは大変です。

私は基本残業無しで仕事をしてるので、どうしても不平等感は拭えないです。

残業しないよう必死に仕事を終わらせても一人で子供の相手するので、のんびりテレビ見てる時間もありません。

一人だけだったらまぁなんとかなるでしょうが、二人いて、しかも年子とかの場合は、仕事で疲れたあとに白目むきながら育児することになります。

毎日の授業準備と土曜授業

忙しいポイント
授業数が多い科目の場合、毎日の授業準備を定時内でする時間が取りづらい
後悔ポイント
一週間通して忙しいので家事やら育児の時間が減る

毎日の授業準備

うちの奥さんは所謂「意識高い系」な人なので(disってないよ)生徒が満足するのはもちろん、自分でも最高の授業だった…!と授業終了時に思えることを目指しています。

そのため、授業を見に来た人に授業を褒められるのが一番嬉しいとかなんとか。

そのため毎日必死に授業準備をしてるので、土日は家にいても授業準備をすることがあります。

「授業なんてわかる程度にやればいいや」って感覚の人だともっと楽になるとは思うのですが、教員というなかなか狭き門を通った方の中ではそれは少数派かもしれません。

ここに関しては私も少しサポートしていて、奥さんの意見を全て入れたiPad用のフラッシュカードアプリを作ってあげました。(こう見えてアプリ開発者なのです)

英語教員監修によるフラッシュカード

英語教員監修によるフラッシュカード

Yuya Kurihashi¥370posted withアプリーチ

ただでさえ忙しいのにいちいち紙で作るのも時間がかかります(紙を持ってきてカットして書いたり並べたり)

「この単語、●年前も(フラッシュカードの紙に)書いたような…。」

なんて思いながら時間を無駄にしてるとどんどん残業時間が増えていってしまいますね。

フラッシュカードって授業で使う先生多いと思うんですが、パワポとかならまだしも紙とかで作っちゃうと保管やら管理が大変なんですよね。

うちの奥さんは以前、パワポでフラッシュカードもどきを作っていましたが、それでも管理も大変だし、うっかり消したり見つからなければまた0から作り直さないといけません。

その点、iPadのアプリだと、一度登録してしまえばまた同じ学年の担当をした時も再利用できるので時間の節約にもなります。

土曜日の学校

最近の中学校はたまに土曜日に授業があるので土曜日も仕事に行ってしまうことがあります。

振替休日はその都度もらえるようなのですが、多くの人は消化しきれずにいるそうです。それに消化して休んでも結局家で仕事するから(しないと終わらないから)使わない、という理由が多いそうです。

学校によっては学校公開日という、誰でも学校で授業を見ることができる日が土曜日に設定されていることも多いそうで、生徒の親は当然、教育関係の人も大勢集まるそうです。

そのため、ある意味土曜日の授業が持てる力をマックスに出す勝負の日なのです。

残された側は…ですね…。

相対的に家事をする時間も減る

特に自分の母親が専業主婦で3食きっちり作ってくれた、なんて記憶がある人はものすごいギャップを感じる一番のポイントだと思います。

うちの奥さんは基本的に時間がかかる料理にあまり関心をもってないです。

朝子供達と3人で(奥さんは疲れて寝てる)シリアル(だけ)を食べるのなんて普通ですし、奥さんの仕事が長引くとお弁当買ってきて食べてます。幸い(?)周りにはチェーン店が多いので困ることはありません。

もちろんしっかり作る家庭もあるでしょうし、共働きだから仕方ないというのはあります。ただ自分の母親がこうだったから、という幻想を持っている方はすぐに捨てた方がいいでしょう。

それでも最近は子供が大きくなってきたこともあり料理をする時間が増えてくれました。

子供が小さくて大変なウチは多少お金がかかっても楽な方を選ぶようにパートナーが主体となって導いてあげることも必要かもしれません。

ちなみに、うちは家事分担をきっかりしていて、料理は一応奥さんの担当になっています。洗濯やら掃除やらを私が担当しています。

これは奥さんの方が仕事が終わる時間が早いことと、子供に夕ご飯を食べさせる時間に私が家にいないからです。

テスト

忙しいポイント
テストの時期は授業準備と並行してテスト作成を進めないといけない
後悔ポイント
さらに家で仕事をする時間が増える
時短勤務なので学校にいる間はほぼ全ての時間を授業で消化し、授業後は職員室でゆっくりする暇もなく帰り、保育園へお迎えに行ってくれてます。

となると、テストの作成・採点は土日にやらないといけなくなります

最近では一部マークシートを導入しているようですが、それでもテスト全体の半分くらいが限界(アルファベットやスペルが正しいか見るため、筆記は残さないといけない)で、数学のように計算の途中を見ないといけない教科はマークシートはほぼ無理でしょう。

しかし、このマークシートは思ったよりも簡単に作れるので、全国的に広まってくれたら教員の方々の負担減につながるかと思います。

スキャナーも特殊なものではなく、スキャンさえできればなんでもよく、そのスキャンしたものを専用のソフトで読み取ってマークを判断するものです。

ただし、シート作成・読み取った画像からマークを判断するのに専用のソフト(markscanでぐぐってください)が必要です。これを見た教育関係者は検討してはいかがでしょうか?

問題を起こす生徒の対応

忙しいポイント
問題を起こした生徒を指導しなければならない
後悔ポイント
問題行為を見つけた場合、突発的に帰りが遅くなる
つい先日も、奥さんが同僚の先生と一緒に帰ろうとしていたら公園でタバコを吸っている生徒を目撃してしまい、指導することになったようです。

そうなったら、一度学校に連れて行き、事情等を聞いて書類を作ったり、親に電話したりする必要があるらしく、どんなに早くても1時間はかかるようです。

中学生くらいだとまだ悪いことがかっこいいと思ってたり、女の子に注目されたいがために騒ぐ子も多いようなので大変そうです。

授業中に歩いたり騒いだりする生徒もいるそうです。こういうのは家庭の躾が影響してそうですね。ただ、だいたい問題起こす生徒は子供が子供なら親も親、というタイプが多いようで、相手するのも大変そうです。

その辺の苦労もわかってあげましょう。

部活の顧問

忙しいポイント
運動部は平日遅くまで練習があり、土日は大会等もある
後悔ポイント
部活動の時間分さらに帰りが遅くなり、土日もいないことが多々ある
全部が全部ではないかもしれませんが、全員顧問制という制度が中学校にはあるようです。

ただ、自分でどの部活をやりたいか選べるわけでもなく、校長先生と体育の先生が相談して勝手にどの先生にどの部活の顧問をお願い(半強制)するかを決めてるそうです。

校長が直接その先生にお願いするとのことですが、校長先生に頼まれたら嫌とは言えないですよね。新卒や異動したての場合ならなおさら。

正直それってパワハラじゃないの?と思いませんか?

運悪く運動部になってしまうとそれはもう悲惨…。独身だったころの奥さんは土日ほぼ部活で潰れていました。土日にデートするときも午後からとか夕方からとかが多かった気がします。

大会が始まったりすると朝から晩まで拘束されるので大変そうでした。おまけに4時間以上で一律3000円しかもらえないとかなんとか。(最近ちょっと上げるとかニュースになってたかも)

休日つぶされた上、一日拘束されて3000円…。

おまけに、部活のせいで毎日の授業準備の時間も減ってしまうので、授業の質があげられないことについても悩んでいました。

学生の頃を思い出してみると、


部活に熱心な先生の授業はただ教科書を読んだり、教科書に書いてあることを黒板に書くだけだったような…

なんて気がします。

部活に入ってもない生徒や保護者からしたら、部活に熱心なのもいいけどもっと工夫した授業してよ、なんて思われるかも…。

これ以上は趣旨がズレそうなのでこの辺で止めておきますが、そう思われる可能性もあるでしょうし、中には部活もしないと…授業もしないと…という板挟みになっている先生も多いはずです。

幸い、奥さんは小さい子供がいるということで文化部の副顧問となり、忙しい運動部には割り当てられなかったのですが、今運動部を見ている他の先生に子供ができた場合、しわ寄せがきそうでハラハラしています。

子供が小さくて大変なときに他の方に顧問をやってもらったのに私は嫌です、とは言いづらいですよね。

もし将来、運動部に割当てられたら土日ずっと私一人で子供二人を見ることになるんでしょうね。

小学校については部活は外部に完全委託なようなので少なくとも部活で時間が潰れる、ということはないようです。

そして東京都では区内の中学校は一部部活を外部に委託する動きが出ているようですが、早く全国に広まって欲しいですよね。(東京都でも市はやってないそうです。区内はお金があるから出来るそうです)

育児が加わるとストレスの吐口にされる

忙しいポイント
学校の仕事が終わってないのに保育園の迎えの時間を守って帰らないといけない
後悔ポイント
どんどんストレスが蓄積していってある日突然爆発が起こる
子供が小さいうちから復帰する場合、仕事で疲れた状態で子供と家に帰り、疲れてぐずる子供を見るのはまぁ大変です。

私は19時までの勤務に通勤時間があるのでどうやってもそこに間に合わず、帰ってから愚痴を聞くくらいでした。

しかし、それはどんどん蓄積していくストレスが、お皿から少しこぼれた程度のものでした。うちは月に一度、おん●のこの日前後に爆発が起こってたかと思います。

特に気性が荒い方だと血を見る可能性も…

お互い仕事してるんだし、お迎えを自分がするから職場の近くの家を借りたいって言うから今のところに住んでるんでしょ(うちの事情)

なんて思いながらいつも聞いてましたが、口には出しません。

一度口に出して余計大変な目にあったからです。

育児ストレスという火に油を注ぐのは正論や反論です。(ここ非常に重要です)

特に女性相手の場合は、共感されると嬉しいようなので、親身になって共感(したふり)をするのが一番楽です。

子供が3歳くらいになると落ち着くはずなので我慢しましょう。

保育園はあまりあてにしない方がいい

たまに土日のイベントの振替休日があったり早く帰れたりする日も、それが保育園に知られると預かってもらえません。

保育園って働くパパママの味方だと思っていたんですが、グイグイ連れて帰らせるんです…。

そりゃ子供は小さいウチは親と一緒にいた方がいいのかもしれませんが、親も無敵ではないのでたまに自由な時間をもらって自分の好きなことをして過ごしたいんです。

しかし、どこから情報仕入れてるのかわかりませんが、わざわざその日来ないですよね?って聞かれることがあります。

教員は特に夏休みや冬休みなどの長期の休みもあるので、そのタイミングでほぼ確実に休ませるか聞かれます。(もちろん子供が休みなだけで先生は仕事しているのですが、そこの理解がない)

ウチは職場の学校の学区外なのですが、もし学区内とかだと、保護者の親経由でいついつが休みだから子供休ませます、という話から、じゃあ先生しているうちの奥さんも、なんて話になりかね無いので、少し離れたところに住んだ方がいいでしょう。

保育料払ってるからいいだろう、という言い方はしませんが、親も平日は仕事、休日は子供の相手で休める時間がないのでそこくらいは大目に見てもらいたいものです。

仕事と育児の両立を始めて間もないそんな時、保育園に頼るのってそんな悪いことなのでしょうか?そんなことないですよね?

私個人としては親だって休んで美容院行ったり美味しいものを食べに行ったりするのはとても大切なことだと思います。

MEMO
保育園に内情はなるべく知らせない方がいい

教員との結婚生活をよくするには

いかがだったでしょうか?忙しい理由やなんで後悔するって話が出てくるのかなんとなくわかっていただけたでしょうか?

ただ、教員の収入は思った以上に良いです。だから多少時間が拘束されるのは仕方ないとも思いますが、不要じゃないかという業務による拘束時間も多そうです。

親が教員の場合、子供が不登校とか非行をする確率が高いそうで、その原因の一つと考えられる親との時間が少なかった、を解消するために、少しでも子供との時間を長く持てたらいいんですけどね。

教員と結婚される方は

教科にももちろんよりますが、相手が仕事をしている時間は他の職業よりは長いかと思います。もし共働き希望で、自分も忙しい仕事の場合、共倒れしないように注意が必要です。

また、子供ができた後、保育園に通わせながら共働きをすると考えている場合、仕事を休みづらい教員よりも、自分が休まざるをえない状況が多々あると思います。そんな状況を想定して耐えられるか、今から頭の中でシミュレーションしておく方がよいでしょう。

もちろん自分か相手の実家が住んでいるところのそばにあるのであれば、助けてもらえるチャンスは激増すると思いますが、共に遠方(うちも)の場合、かなりのストレスが予想されます。

もちろん、結婚後、専業主婦(主夫)になるのであれば問題ないかと思います。

結婚される教員の方は

パートナーがいる教員の方は、忙しくても仕事だから仕方ないでしょ!なんてスタンスでは決していて欲しくないと個人的に思ってます。

子供が大きいなら別にいなくてもいいかもですが(むしろいない方がなんて人も多いかも)、子供が小さいうちは相手の負担が結構大きいからです。

例えば子供が熱を出して保育園で預かってもらえない時、教員は仕事を休みづらいので近くに頼れる人がいない場合は基本パートナーが休む、という確率も高くなります。

相手も忙しくてお互いバタバタしているのであればお互い様かもしれませんが、相手が比較的余裕がありついつい頼りがちになってしまう状況はNGです。

教員同士の結婚だったらお互いの仕事への理解もあるでしょうが、教職を知らない人からするとこのようなことで、イライラするケースが多く、どんどん嫌われます。

最初は申し訳なさそうにしてたのに、いつの間にかそれが当然みたいになるとかなりイラッとしたり。

最初に後悔が、と書いたのはこの辺が一番関係してます。きっと教員の離婚率が高いのもこの辺が影響してるはず…。

結婚を考えている二人は

全ての仕事に言えることかもしれませんが、特に結婚を考えている方は、

相手が教員だったらどれくらい忙しいのかをしっかり聞く、自分が教員だったらそれを相手に伝えて理解してもらえた上で結婚した方が、後のことを考えると間違いなくいいでしょう。

教員しか経験したことない人はそれが普通という感覚にもなってるでしょうし、そこの理解が得られないままで、蓋を開けたら上の状態だった、ってのはショックが大きいです。

それを聞いた上でも結婚したい、今付き合っている相手だったら大丈夫だ、と自信を持って思えるのであれば、後は悪魔の契約書(婚姻届)にサインして、お互いを気遣い合いながら生活していけばいいでしょう。

ダメだったら離婚したらいいや、みたいなスタンスは絶対にNGです。日本では結婚と違って簡単に離婚はできないのです。(by弁護士)

不安だったら一度同棲してみることをお勧めします。

仕事に家事にと忙しくて時間がないと悩んでいる方へ、我が家での時間を作る方法を紹介した記事はこちらです。
ストレス解消の時間がない?育児と家事に追われイライラしないで工夫しよう!

※フラッシュカードはこちら(iPad専用)

英語教員監修によるフラッシュカード

英語教員監修によるフラッシュカード

Yuya Kurihashi¥370posted withアプリーチ

今日はここまで

2 COMMENTS

さかい

こんにちは、
僕の彼女も教員なので仕事内容について
心配しています。
結婚して子供が出来ると更に心配事が増えてくると思うので
カプラさんの記事はとても参考にさせてもらえます。
ありがとうございます。

返信する
capura

コメントありがとうございます!
彼女さんも教員なんですね。きっといろいろ内容に共感していただけたかと思います。

結婚して子供ができると本当に大変になります。保育園問題や、保育園に入れても熱が出て登園拒否されたときに奥さんはなかなか仕事を休めないため、ほぼこちらが休まないといけなくなって夫婦でもめたり等…。

ただ、今から心配しててもしょうがないので、子供ができる前の生活を精一杯楽しんでくださいね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です