シャンプー嫌いで流す時泣いちゃう。おすすめの方法とは?(2歳4ヶ月長女編)

みなさまのおウチのお子様はシャンプー好きですか?
好きな子なんていない、と信じたいほどウチの長女は、シャンプー大っ嫌いでした。

以前はお風呂入ろーというと、入る前から

「シャンプーいやいやよ?」

と言うほどです。どこで覚えたのかおちょぼ口を最後にするので、その様子はとっても可愛い…。
パパはこんな長女にメロメロですが、この暑くなってきた時期にシャンプーをしないわけにはいきません。

長女と一緒に寝ている奥さんの話によると、シャンプーをしなかった日は夜中結構な頻度で頭をボリボリと掻いていると聞いているからです。
保育園に行きだしてよく遊ぶようになった上に、最近暑いので汗もかくのでしょう。

やめておけばいいのに、試しに嗅いでみました。思わず眉間にシワが寄る程の匂いがしました…。

じゃあシャンプーしよう!と言うのは簡単でも実際はまぁ大変…。ちょっとでも髪を濡らそうとすると

「ぎゃああああああああああああああああああああああああ!」

と大騒ぎ。シャンプーを出すと

「ぎゃああああああああああああああああああああああああ!」

と、さらに大騒ぎ。虐待かと思われたら困るので窓を閉めるカプラ…。

しかし、試行錯誤(というほどではないですが)を重ね、カプラなりのシャンプー方法をあみだしました。
結果、あんなにシャンプーを嫌がっていた長女が泣かずにシャンプーできるようになりました。

今日はそのお話を紹介します。

シャンプー嫌いになった原因は?妻への疑惑

なんでそんなにシャンプー嫌なんだ?とある日の通勤中、電車の中でぼんやりと考えてました。

シャンプーの時も目に入ると痛いのは重々承知しているので、目に入らないよう慎重に慎重にシャンプーしてます。少し前まではシャンプーを流す時も顔にかからないようにお姫様抱っこのような状態で浴槽に入れ、髪の毛だけをゆっくりゆっくりと流してあげてました。
最近はその体勢が嫌なのか、全力で拒否するので、立たせた状態で上から洗面器にお湯をためてゆっくり流してあげる状態。

よく大雑把と言われるO型のカプラですが、几帳面と言われるA型の奥さんはドン引きする程大雑把です。
料理してても計量カップ?1杯いくつなのよ?スケール?何に使うのよ。小さじ大さじ?そんなの目の前のスプーン(しかも子供の)でいいじゃないの!コーヒーを作ろうかしら。あらコーヒーメーカーに付属してきたスプーンがないわ…。じゃあレンゲでいいや。というタイプです(書いてて悲しくなってきた)

…そんなタイプの人が子供が嫌がらないようなシャンプーをしてあげられているのだろうか…?いや無理だ…。

今考えると妻と一緒に風呂に入っていた時期は泣き声が尋常じゃなかった…。そしてその後からなぜかパパと入ると言うようになった…

そこまで考えて、妻にトラウマになるようなシャンプーを受けているんだなという結論に達しました(ただし真偽不明)

一度嫌になったものについては仕方がないです。一日二日では難しいでしょうが、これからシャンプーを丁寧にして、トラウマが少しでもなくなるようにしてあげようと、がんばることにしました。

トラウマを治そう その1 自分でシャンプーさせてみる

幸いシャンプーすると頭がさっぱりして気持ちがいいとは思っているようなので、イヤイヤ期真っ只中な子に有効な手法「自分でやらせてみる」をとってみました。

結果は…やろうとしてシャンプーを自分の頭にはつけますが、全然洗えません…(そりゃそうだ)
挙げ句の果てにシャンプーが頭から目に垂れてきて危うくトラウマが増えるところ…。

こればかりはまだやらせるのが早かったようです。

トラウマを治そう その2 パパのシャンプーをお願いする

パパのシャンプーをさせてから、「今度はパパがやってあげるね」という作戦です。

すると、普段されっぱなしなのに自分ができるものなので大はしゃぎ。しっかり洗えないため泡立たず、次々シャンプーを追加されながら、なんとか完了(というか途中で自分でやってしまった)

そしていよいよ娘のシャンプーへ。

「今度はパパがしてあげるねー」

と言うと特に抵抗しない長女。だまっておもちゃで遊んでます。

ポイント
100均にあるお風呂のおもちゃがあると気が紛れていいです。ちなみにうちは砂場セットがお気に入りです

いきなり頭のてっぺんからやると騒ぎそうな直感があったので、後頭部の方からゆっくりゆっくりと始めてみました。
なんと、そのまま無事に全体をシャンプーすることに成功。

「シャンプー気持ちよかったね。でもこのままだとアワワがいっぱいついてるから、横になって目に泡が入らないようにして、流してみようか?」と優しく問いかけます

しかし嫌そうな顔をしながら固まる長女。

「保育園の●●くん(※)もパパにこうやってしてもらって流してるんだよー」と一か八か言ってみると、抱っこの体制になり触れてくる長女。

※保育園の先生に「長女ちゃん、●●くんのこと、好きみたいなんです〜」と言われていた子(パパは少しショック)

すかさず抱っこしてゆっくりゆっくり泡を流してあげるのでした。

その後、これでもか!と言わんばかりに褒めまくり、お風呂からあがった後にも妻にも褒めてもらい、少しだけ上機嫌になった長女。
これが続くと徐々に改善されていくるかなーという感触がありました。

シャンプーのトラウマは治ったかな?

翌日。この日もパパとお風呂入る!と上機嫌な長女。
前日のシャンプーが良かったのかな?と思いドヤ顔で妻を見ますが、自由な時間が少しできて嬉しいのか、ソファーで横になってスマホいじってました…。

この日もうまくいくかなと思ったのですが、パパのシャンプーをして長女のシャンプーをしたところで、抱っこ体勢で泡を流すことを完全拒否!

えええ、な状態なカプラをよそに、しゃがんでお風呂場のおもちゃで遊ぶ長女。

「シャンプー流そうねー」

「いやあああああああああああああああああああああああ」

「●●君もシャンプーしたよって言ってるよー」

「いやあああああああああああああああああああああああ」

・・・

見事に前日使えた手が使えなくなってました…。

シャンプーを流す段階でまさかの全面拒否の長女。一瞬そのままでもいいかと思いましたが、さすがにダメだろうと思い直します。

そしてもう一度前日の状態を思い出して何が嫌だったのかを考えてみると、確かに寝せた状態だと水が耳に入ってしまったようで、終わったあとに耳をしきりに触っていたのを思い出しました。

きっとそれが嫌だったんだろうな…

しかし、そうなるともう立たせて流すくらいしか良い案が思い浮かびません。
そこでもう諦めて立ったまま流すようにしました。まぁむしろ立たせて流すようにした方がいろいろ(主にカプラが)楽は楽です。

(ただ、立たせたままシャワーかけると顔に水がかかっちゃうからなぁ…)

と思ったところで、

(…そんなのすぐにタオルで拭けばいいんだよな?)

と、なぜ今まで気づかなかったんだ…?というレベルのことにここにきて気づくカプラ。…きっと疲れてるんです。

解決!長女が泣かなかったシャワーの流し方

前置きが長くなりましたが、ここからがうちのシャワーの流し方になります。

MEMO
  1. 乾いたタオルを側に用意しておく(流した後すぐに顔についたお湯を拭くため)
  2. 左手の親指と人差し指の間を広げ、子供のおでこに帽子のつばのような形を作り泡が目に入らないようしっかりつける(手とおでこにちょっとでも隙間があると泡が侵入してえらいことになります)
  3. なるべく頭の上からシャワーをかける時間(顔の方にお湯が流れる時間)を短くするため、後頭部を先に綺麗に流してしまう
  4. 広げた左手をしっかり子供のおでこにつけたか、手とおでこの間に隙間がないかを確認して、「いくよー、がんばれ」という合図とともに、頭の上から一気にシャワーをかける(子供も目をぎゅっとつむるので重要)
  5. 流し終わったらシャワーをすぐ止め、すぐにタオルで顔を拭いてあげる

これがざっとした流れになります。
やっぱり多少動くこともあって顔に水がかかるのを完全に防ぐことはできませんでした。
それでも、ちょっとだけ泣き声というかぐずる声を出すだけで、タオルで拭いた後に

「痛かった?」

と聞いてみても、

「痛くないよう」

と返ってきました。

いつもはシャワーの後、もうお風呂は嫌!とすぐに上がろうと風呂の操作パネルにある”呼び出しボタン”を連打してしまうのですが(これを押すとママがタオルを持って迎えにきてくれることを知っている)、今日はそんなこともなくその後もしばらくお風呂で機嫌よく遊んでました。

やっぱりシャンプーがうまくいくと機嫌よくお風呂に入ってくれますね。体も温まるし夜もぐっすり眠れるので良いことだらけなはずです。

この日以降も同じ手を使ってやってますが、順調にうまくいってます。シャンプーする時もパパのシャンプーをさせなくても特に嫌がらずシャンプーされるようになりました。(ボディソープも兼ねてのシャンプーになるので、体から頭にいく感じです)

シャンプーハット使えばいいじゃん、という考えもあるかと思いますが、もちろんそれも思いついて、以前買おうかと思ってネットで検索したことがあったんです。
しかし、シャンプーハットばかり使ってたら大人になっても顔に水をつけるのが怖い状態になったという不安を掻き立てる記事を見つけて、万が一そうなったこと考えてやめたのでした。(本当にそうなるかはわかりませんが)

うちはこの方法でうまくいっているのでシャンプーハットは不要そうです。
もしシャンプーに悩んでいる方がいたらこの方法、試してみて下さい。

それと、後日保育士の先生に言われたことですが、子供用のシャンプー(というかボディソープ兼用のもの)はたとえ目に入っても涙で出るんだからそこまで気にしなくていいのよ、とあっさり言われました。
なので、目に泡が入って多少泣いたとしても、あんまり気にしなくても良いかと思います。

今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です