夜間断ミルクへの決意(長男編)

こんばんは。SEのくせに定時プラス1分以内に退社してるカプラです。(////)

長男の夜間断ミルクの記事ですが、そのまえにカプラの苦労だらけの一日を紹介。長女の時は奥さんは育休中で、子供達は保育園にも通っていませんでした。
現在は奥さんは復帰し、子供たちは元気に保育園に通っています。

現在カプラはフリーランスのiOSエンジニアをしています。10時から19時までの勤務です。

長男とカプラが一緒に寝て、2歳のお姉ちゃんはママと(朝まで)寝てます。

スケジュール

5:00
泣き出すのでミルクを準備
5:30
ミルクを飲んで落ち着いたのか、再び眠りへ。布団に寝かせて朝食作りへとりかかる。基本的には前日用意したレンジでチンで完成するもの
6:30
ママと寝ているはずの長女が二階から「パパー!おきたよー!」と叫ぶので、すぐ隣で寝ている長男が起きないよう急いで下に連れて行き(奥さんはねている)オムツを変えて一緒に朝食スタート
7:00
ママが長男を連れて降りてくる。そして必ず「泣き声で起きちゃった。あと30分だけ寝ていい?」と聞かれるので丁重にお断りする
8:00
長女、長男共にご飯が終わっているので一緒に遊んであげる。最近のブームは部屋からパパが出て少し静かにしてから「ダダダダ!」と音を立てて部屋に戻り、長男や長女にちょっかいだす遊び。あとは手が入る人形を使って遊ぶ(パペットマペットみあいなやつ)
8:30
車通勤の奥さんと一緒に子供二人を保育園へ。パパが長男、ママが長女を抱きかかえてそれぞれの教室へ連れて行き、朝の準備(スタイやタオル、オムツのビニールを交換)などして子供と別れる
10:00(少し前)
ギリギリ会社に到着。出勤記録さえついちゃえばこっちのものだと言わんばかりにのんびりとメールや連絡用のチャットを確認し、トイレに行き自販機で飲みもの、おやつを買い席に戻る
17:30
子供を迎えに行き、家についたはいいが、ぐずる子供二人にお手上げな奥さんから「今日定時で帰れるよね?すごい大変なんだからね?わかってるよね?」と脅迫めいたラインが届く
19:00(ジャスト)
後ろ髪を引かれる思いがあるようでないような思いで退社。幸い席替えで出口の目の前なので後ろを振り返らずにすっと消える。そして19:08発の電車に乗るためいい歳してるのにダッシュダッシュ!
20:00
無事帰宅。たまに電車の遅延のため、電車のせいなのに遅れたことで小言を言われる(涙)気にしても仕方ないので黙って子供をお風呂に入れる
20:30
晩御飯(ほぼ冷凍食品…おいしいから特に悲しくもないです)
21:30
子供二人の歯磨きをして寝かしつける。最近長男の影響か、「抱っこして抱っこして」と大騒ぎの長女(14kg)を汗をかきながら必死に寝かしつける
22:00
やっと終わったかと思うと、帰宅後パパが帰るまでどれだけ育児が大変かをママが語り始め、さらには仕事のストレスについて語り始めるので右から左へ受け流すモードに変更。またはお金やるからマッサージしろと何様だかわからん発言を連発。その後グダグダしてやっと寝る(妻が)
23:00
待ちに待ったフリータイム!ゲームしたりブログ書いたり録画見たり(月曜から夜ふかしが楽しみ)。
24:00
ぼちぼちねないと次の日がきついて眠りにはいる
3:30
長男がミルクが欲しいと泣き出すのでミルクをあげるために起きる…

まとめ

いかがでしょうか?きっと小さい子供がいる家庭のパパさんはこんな生活をしているはず。
もししてなかったらママさんはパパさんにこのブログを見せてやってください(笑)

しかしまぁ、まさか自分がこんな生活をするなんて少し前までは想像もしていませんでした…。うちの場合。奥さんも働いているので奥さん的には家事も育児もきっちり半分にしろ!というスタンス。じゃあ赤ちゃんと寝るの交代制にしろ!と言うとどこかへ行ってしまいます…。

会社の隣の席の人も子供がいるので、たまーに子供の話や奥さんの話をするんですが、専業主婦ということもあり、ほとんど大変だった記憶がないそうです(うらやましい)

しかしこのスケジュール。夜中のミルクがなくなればだいぶ楽になります。

そこで、もうこんな生活とはお別れするため、決めました。

夜間断ミルクをしよう、と。

今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です